シネマチェックトップページ50音別indexラ行index 


リンカーン      


2012年 アメリカ (LINCOLN)
伝記・歴史   

<監督>スティーヴン・スピルバーグ
<キャスト> ダニエル・デイ=ルイス , サリー・フィールド , デヴィッド・ストラザーン , ジョセフ・ゴードン=レヴィット , ジェームズ・スペイダー , トミー・リー・ジョーンズ , ジョン・ホークス , ジャッキー・アール・ヘイリー , ティム・ブレイク・ネルソン , リー・ペイス , マイケル・スタールバーグ , ルーカス・ハース

<ストーリー>
南北戦争末期。大統領エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向けて、多数派工作に奔走していた。

<感想>
リンカーンというと、あの風貌と、その有名な演説ぐらいの知識しかない私が、このごく限られた期間の、一つの修正案成立のために奔走する彼と、彼の周りの人々の話を理解するには、ちょっと無謀でしたか(^_^;。
でも、全ては理解できなくても、彼の志すことや、人となりは、感じ取ることが出来ました。

南北戦争の戦況は、北軍有利に傾き始め、4年に及ぶ内戦の終結を望む声が高まる中、その前にリンカーンには、やらなければならない重要事項があった。それは、奴隷解放を確実なものにするための修正案を可決すること。
リンカーンは、議会の3分の2以上の賛成票を得るための工作を推し進めていた・・・というストーリーです。

緊迫する戦況と、迫る議会の決議の時、その中にあって、彼の日常は、人々の中にいて、その言葉に耳を傾けることでした。
そして、末っ子の息子に対する甘すぎるほどの子煩悩を周囲に見せつけ、精神的に追い詰められていた妻をいたわる日々。

登場人物が多くて、誰にどんな工作をしたのか、見ていながらあやふやになってしまったのですが、 議決のシーンは、息詰まる緊迫感で圧巻でした。

主演のダニエル・デイ=ルイスは、もう、リンカーンにしか見えず、重厚な中にも、優しさを感じられ、また、家族愛にあふれた演技は、すばらしかったです。
彼はこの演技で、アカデミー史上初となる3回目の主演男優のオスカー像を手にしました。(2015,05,10)



シネマチェックトップへ