シネマチェックトップページ50音別index数行index 


1番街の奇跡      


2007年 韓国 (MIRACLE ON 1ST STREET)
コメディー・ロマンス・スポーツ   

<監督>ユン・ジェギュン
<キャスト>ハ・ジウォン , イム・チャンジョン

<ストーリー>
ソウルの貧民街に、再開発の計画が持ち上がり、やくざのチンピラ(イム・チャンジョン)が住民たちを立ち退かせるためにやってきた。しかし、そこの住民も、一筋縄ではいかない人々だった・・・。

<感想>
またまた日本未公開の韓国映画です。

”1番街”というと、ちょっとおしゃれなイメージですが、この映画の1番街はソウルの貧民街のことでした。
韓国の首都ソウルも、ちょっと外れると、朽ちかけた家が連なる貧民街がある・・・という設定です。

私がぼんやりしていたのか、ストーリーの組み立てが悪いのか、前半は、何を言いたいのかよく分からない話が続きます。
一つ一つの話が一斉に立ち上がってきて、何をメインに見たらいいのか、途方に暮れました。
中盤になって、やっと話が見えてきました。
要するに、立ち退きを強制するためにやってきたチンピラと、父親の意志を継ぐ女子ボクサーの話なのでした。
そのほかに、もう一つのロマンスも平行して描かれていたのですが、こちらの話は、いらなかったのではないかしら??女優さんは、きれいでしたが・・・(^_^)。

チンピラと村の人たちの関わりは、終始コメディータッチで笑えます。
子役ちゃんも芸達者で見事でした。
韓国お得意の下ネタ(汚物ネタ(^_^;)も満載です。
ただ、いっこうに進まない交渉に業を煮やして乗り込んできた兄貴分がやってくると、一転、悲惨な話になりましたけど。

貧困問題や女子プロボクサーの話、幼い兄妹の話、そして、もう一つのロマンスと、内容は盛りだくさんです。
前半は、混沌としていましたが、終盤は、ボクシングで盛り上がりました。

主演の女子プロボクサー役は、ドラマでも見たことのあるハ・ジウォン。
ボクサー役がなかなか決まってました。(2016,07,13)



シネマチェックトップへ