獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-109

ムクムクの意見
投稿日 1998年7月16日(木)18時36分 ムクムク

Re:犬の精神安定剤について
6月29日発言のルルの家族さんへ

 咳止めですが鎮咳剤としてモルヒネやコデインのように麻酔性の薬剤が使用
 されることがあります。 コデインはいわゆる咳止め薬です。
 精神安定剤は一般的に心肺機能を抑制しますので、慢性心不全のような場合、
 私は使用しません。 やはり、各種の血管拡張薬や利尿薬、鎮咳剤、気管拡張剤
 などを組み合わせて投薬することになります。
 ただ、コントロールしにくい咳に遭遇することもありますのでルルの家族さん
 のお気持ちはよく理解できます。

Re:セキセイの無精卵のその後
7月15日発言のしまさんへ

 卵材停滞の疑いですか。卵管炎のような感染があるのかも知れませんね。
 私も薬を根気よく飲まさなければいけないと思いますが、定期的に先生に
 診てもらって経過をよく観察してください。
 もちろん、体重の増減もチェックしてください。

Re:ネコの様子がおかしいのですが。
7月15日発言のkuraさんへ

 ひきつけですが意識の喪失と全身の痙攣を伴うようなものでしたか?
 その後、後肢の麻痺があるのですね。
 猫で引きつけを起こす疾病はてんかん・回虫症・☆チアミン欠乏症
 子癇・低血糖症候群・☆クリプトコックス症・破傷風・☆上皮小体機能低下症
 ☆エチレングリコール中毒・☆糖脂質異化病・☆グリコーゲン異化病など
 知られていますが、その中で運動の失調を特にきたすのは☆を付けた疾病です。
 チアミン欠乏症はビタミンB1の欠乏症で、竹輪や蒲鉾など加工食偏食の猫に
 見られることがあります。

Re:このごろ痩せて来ました
7月16日発言のたきの母さんへ

 食欲・元気とも良好、検査も異常なしなんですね。
 私だったらこれからも体重減少が続くようでしたら、定期的に検査を受けます。
 一回の検査で異常が出なくても、後になってハッキリと異常値が出る場合もあ
 りますので。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。