獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-141

セキセイインコについて
投稿日 1998年7月19日(日)07時50分 上原田 千絵

うちのいんこの様子がおかしくてとても困っています。状況の説明がうまくできず、長くなることをお許し下さい。そのインコはかなり弱っており、もう、手のほどこしようがないかも知れません。それでも、少しでも何とかしてあげたいので、どうか至急のお返事よろしくお願いします。

 飼って5年目、手にも乗るのですが、ここ2年、あまりカゴから出していません。恐らくメスだと思います。
 恐らくというのはもともとメスを求めてペットショップで選んでもらったのですが、本などを見るとろうまくが青いのはオスとのこと、うちのは青いのでペットショップの方の間違いだったのだろうとおもい、最近までオスだと信じて飼っていました。ところが、うちにはもう一匹、迷ってきたインコを2年ほど前から飼っているのですが(ろうまくはピンク)、3ヶ月ほど前、問題のインコに、2年前から飼っているインコが乗って、交尾をしているらしいのを見かけました。それで私はああ、やっぱりメスだったんだ(ややこしいので名前を書きます。問題の鳥はラスカルといいます。)
 話は本題ですが、ここ1年、ラスカルは肥満気味で、胸と下腹部が異常に膨れていました。私は、肥満だろうと思っていました。ただ、ちょうど止まり木が当たる部分はへこんでおり、「止まり木の部分だけ癖がついたのかなあ・・?それとも下腹は卵?なんか卵が詰まる病気があるって、聞いたことあるけどなあ・・。」くらいに思っていました。
 事が起こったのは昨夜、急にいつもと違う鳴き方で「ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴーっ!」とかなり長く鳴き、しばらくしてから見に行くと止まり木から落ち、右足を軸にくるくるばたばたと回っていました。私は止まり木から落ち、足でも折ったか、それともくるくる回ったり、一定間隔で「・・・・ピッ!・・・・ピッ!・・・・ピッ!・・・・ピッ!・・・・ピッ!・・・・ピッ!」と鳴いたりしていたので、人間の脳溢血のようなことになってしまったのではないだろうかと思い、とりあえず病院をと、それから夜見てくれる獣医さんを探して連れて行きました。そこで、いわれたことはまず、
ろうまくからラスカルはオスであるとのこと。交尾の件も勘違いだろうとのこと。
様子から足の骨折等ではなく、神経系の問題だろうということ。
下腹部の膨れが腫瘍でその腫瘍が原因だろうということ。
現在のようにえさも水も口にできなければ死を待つしかないこと。
それでも体格がよいので3週間くらい持つのではないだろうかということ。

です。それでいま、ラスカルを小さなジュウシマツ用のかごにタオルなどを敷き
薄暗くして1 2時間おきに砂糖水(えさは食べません)を0.1ml程度与えています。一定時間(1秒に2回くらい)首をひねりながら、「・・・ぴっ!・・・ぴっ!・・・ぴっ!・・・ぴっ!」と、鳴いています。鳴き声はだんだん弱くなっています。
 
 インターネットでなにか解決策があればと情報を探していたところ、ここへくる前のリンクのページで"h卵秘"hというのを見つけ、写真を見ました。
それを見て、ラスカルの下腹部の状態に似ていたので、「やはりメスでラスカルは卵秘で、それが原因かもしれない、卵を出してやれば助からないまでも少しは楽になるかもしれない。」と考えました。
 どなたか以下の質問にお返事下さい。

ラスカルのこの状態の原因(卵秘なのか?脳の問題なのか?下腹部の膨れは腫瘍なのか?)
解決法があればその方法
なければ少しでも楽にしてやれる方法
本当に3週間もこの状態で持つのか?
私は広島市に住んでいます。どこか鳥に詳しい獣医さんがありますでしょうか?

 よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。