獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-30

ツバメの雛について
投稿日 1998年7月3日(金)11時38分 サスケ

私は専門家ではありませんが、昔落ちていたツバメの雛を2羽預かり、1羽は死んでしまいましたが、もう1羽は無事に巣立たせてやったことがあります。きゅうさんがおっしゃるようにツバメは動物食です。その雛がどのくらいの大きさに育っているのかどうかにもよりますが、素人がやりやすいのは、やはりすり餌です。水などを特別に飲ませる必要はなく、すり餌に含まれる水分で大丈夫です。全く口を開けないとき、割り箸の先をへらのように削った所にすり餌を少しのせ、その水分が嘴の根本の黄色いところにそっと当てるようにすると、水をなめるように口を開けるときがあります。コオロギなどは雛には大きすぎると思いますので細かく切って内蔵の柔らかそうな所を与えるのが良いと思いますが、ちょっと勇気がいるでしょう。その点ですり餌がおすすめです。もし、無事に餌を食べるようになれば一安心ですが、その場合にはいつまでもすり餌を与え続けているわけには行きません。すり餌は野生の鳥にとっては栄養が良すぎるようで、私の場合も羽がでてきた後、抜け落ちてしまうことがありました。すり餌をやめて、動物食に改めたらまた生えてきましたが、動物食には’蠅’を使いました。本当は、もう少し小振りの蚊のような虫がよいのですが、生きたまま捕まえるのが難しいので、蠅にしました。(それでも一日に何十匹もつかまえなければなりませんし、最近は犬の飼い主もきちんと"h落とし物"hを処理しているので、大変だと思いますが、羽のサックがとれて、産毛が生え、主翼の風切り羽がでてくるようになれば、抵抗力も付いてきますので、実際はこの1〜2日が正念場ですね。頑張って下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。