獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-41

けいたこさんへ・・・Re.猫の乳腺腫瘍
投稿日 1998年7月4日(土)17時48分 イブ

本当に早く手術すればよかったですね。
猫の乳腺腫は、悪性のことが多いです。
治療としては、とにかく摘出することです。
お話の内容から察すると、かかりつけの獣医さんは腫瘍に関してあまり詳しくなさそうなので、違う病院へ移られる方がいいかも・・・ただ、年齢のこととか身体の一般状態から判断して手術を延期しているのならばまた話しは別です。
抗がん剤や放射線治療のことですが、乳腺癌の場合にはあくまでも補助的なものであって、摘出に勝る治療法はありません。免疫療法もしかりです。これらは、摘出しきれないとか摘出した後で再発や転移を押さえるために使います。また、放射線治療はその設備のある病院でしか行えませんから、現実問題としてなかなか難しいのが現状です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。