獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-70

ミーちゃんの飼い主さんへ
投稿日 1998年7月8日(水)23時57分 寝子

初めまして。猫のブリーダをやっている寝子と申します。
私は獣医師ではないので、ミーちゃんが病気でない、と仮定して書かせていただきますね。

まず、猫とは非常によく吐く動物だということを知ってください。
特に丁寧に毛繕いをする子はよく吐くようです。
今は一番毛が抜ける時期、お腹にたまった毛を外に吐き出さないでいると、それこそ命に関わる病気になってしまいますから、猫にとって吐くことは必要なことなのです。
よく「猫に草を食べさせる」、といいますよね。
あれも、自分で毛を吐き出すのが苦手な猫などが吐き出しやすくするために食べさせるのです。ですから自分で吐くことが出来るミーちゃんは偉いですよ。
あんまり頻繁に吐くと心配だろうし、お掃除も大変だろうけど、「ちゃんと毛玉が外に出て良かったね」と思ってあげてください。
もし、吐いたものの臭いや色が異常だった場合、1時間に何回も続けて吐く場合は病気ですから、そのときはすぐにお医者さんへ連れていく必要がありますが、1日1−2回であれば、そして吐いている内容物がフードや毛玉であれば心配はいらないと思います。
市販のフードの中には焼きが甘い(フードはみんなビスケットのように高温で焼いてあるのです)ものもあり、そういうフードは食べてお水を飲むとお腹の中で膨張し、それで苦しくなって吐く場合があります。
今の時期はフードが痛むのも早く、油が回ったフードも吐く原因になります。
一度フードを変えてみる、そして購入する場合は、新しい日付のものを、少量、出来れば1週間−10日で使い切る量を買い、冷蔵庫で保管するなど工夫してあげてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。