獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-91

飼い猫の問題行動が深刻です・・・
投稿日 1998年7月13日(月)23時59分 まっくらしみず

どなたかアドバイス下さいませんか?とても困っています。

四歳になる雌のアメショーですが、屋内飼いで、たまにリードで庭に出します。
五月に久しぶりに庭でブラッシングしていたときです。
ずいぶん毛が抜けるので、少ししつこくブラッシングしてみましたが、気持ちよさそうにゴロゴロいっていました。

しかし、家の中から私の母親が窓を閉める音と姿で、急に立ち上がり怒って暴れました。
あたかも、庭に来たよその猫を窓の中から見て、「侵入者」に怒っているときのようでした。これまで、人間に対してはそんなことはありませんでした。

噛まれそうになって手を放すと、家の中に走って行って、母の後ろからいきなり足に噛みつき、さらにひざの上にもかみつきました。駆けつけると、私にも襲いかかろうとしたため、押さえようとして、二人とも手や足が血だらけで病院に行きました。
テリトリーに入ってきた敵と、必死に戦っていたつもりなのでしょうか?瞳孔も広がっていました。

その夜は、こちらをみると大きなうなり声でまた襲われそうだったため、家に入れず、親戚にドッタンバッタンの末、やっと捕まえてもらい、安楽死すら話題になりました。
結局、遠くの民家の少ないところに「捨てる覚悟」で置いてきました。
しかし、その翌日、とても捨て切れず、行って見ると、同じ場所でおとなしくしていたので連れて帰りました。

いったんは家に放しましたが、その夜のうちに避妊手術のため動物病院に預けました。
家に入れておくのがまだ怖かったのと、外に出たがるのに、出してもらえないストレスがあったなら、これから外に出せるように、また、その日は発情はしていないようでしたが、発情のストレスももしかしたらあったのかもしれないと思ったからです。

手術後しばらくは、回りを伺って、時々私たちに向かってうなることもよくありました。
それから2ヶ月ほど経ったため、少し良くなって、ひざに乗ったりおもちゃのねずみを追いかけたりするようになりました。

しかし、昨日またかまれました。
お客さんが来たので、玄関に行くと、猫もやって来ました。
危険と思って玄関の外で話しをして、中に戻ると「ウギャギャギャ!」と走ってきて足首にかみつきました。靴下で助かりました。
15分くらいしてから中に戻り、声でなだめてやっと家に上がりました。

最初の「事件」以来、玄関近辺を行き来する人は飼い主だろうが何だろうが、パニック状態で襲うらしい、落ち着いてきたときに声をかけているとおとなしくなる、というのが分かってきました。

様子を見てばかりもいられません。お客さんが来たら、また誰か噛まれるのではと、とても不安です。お盆には必ずお客さんが来ます。

母は病院で「噛まれた人は保健所で処分すると言う。」と聞いてきました。
ペットショップではケージ飼いを提案されました。
今後の扱いについて、何か良い前例やアドバイスがあればお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。