獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199807-93

まっくらしみずさんへ・・・Re.飼い猫の問題行動
投稿日 1998年7月14日(火)11時34分 イブ

大変なことになってしまいましたね。心中お察しいたします。
私の病院にも、似たような猫ちゃん(やっぱりアメショーでした)がきました。その子は、6才で急に家の人を襲うようになりました。来院した時に偽妊娠の兆候があったため、性ホルモンの影響を疑い卵巣子宮全摘出手術をしました。4日ほどお預かりした後、家に返したところ、人懐こいもとの性格にもどったということでした。
まっくらさんの猫ちゃんも、避妊手術で少しは効果があったように思います。元々の性格は、どうだったのでしょうか?少し噛み癖がありましたか?なかなか癖までは矯正できないことが多いですから、あとはなるべく刺激しないように気を付けるしかないでしょう。
最初の時から数ヶ月が経って、どういう時に攻撃的になるのか少しずつわかってきたようなので、何とかなりそうな気もします。
玄関から遠い部屋に入れておくとかの方法もあります。戸の開け閉めの音がとても嫌いで、人を襲うのは転嫁行動による攻撃行為なのかもしれません。
精神安定剤などの薬で、攻撃性を低下させる方法もあります。これを服用すると、外的刺激全般に対しての反応がにぶくなり、なんとなくトロンとします。本当はそんな薬使いたくないですけれど、どこかに置き去りにして飼育義務を放棄したり、安楽死をさせたりするよりはずっといいと思います。一度飼い始めたからには、最後まで責任を持たなくてはいけません。いろいろな方法をやってみて、万策尽きるまで最後の処置は考えるべきではありません。
来客の多いお盆の時だけでも安定剤を使ってみたらどうでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。