獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199811-53

猫の癌予防?
投稿日 1998年11月13日(金)11時47分 プロキオン

11月12日の月子小鳥さんへ

猫の癌予防についてということですが、月子さんが考えておられる
癌がどのようなものかにもよりますが、一般論としては予防できな
いと思います。

ペットフードばかり与えていると癌になるという説は恐らく添加剤
の弊害をさしているのであって、直接癌に結びつけるのは話が混乱
するだけだと思いますよ。いわゆる「猫飯」でも子猫のときにこれ
ばかり食べていて、上皮小体の関連から骨が非常に脆くなってしま
った症例を経験しています。
バランスのとれた食事を心がけた方が良いでしょうね。

昨今、猫の関連で自然食を売り物にしているフードも多くなってい
ますが、本当に信用できるかというと、原材料の時点ですでにかな
りのものがキャリーオーバーされているのです。メーカーを信用す
るしかないという点では一般のキャットフードと同じですね。過度
には期待しすぎない方が良いでしょう。

避妊・去勢をしたら、ホルモンバランスが崩れて癌になるというの
は、これはむしろ逆ではないでしょうか。

人間の医学の方でもエストロジェンの中断期間がなく、長くこのホ
ルモンに晒されている方が婦人科系の腫瘍の発生率が高くなるとい
うのは周知のことになっています。

月子さんに教えてくれた方の情報がかなりエスカレートした部分だ
けを取り出して伝わっているように感じられます。もう少し気軽に
主治医の先生に質問されたら、安心できる回答が帰ってくるはずだ
と思いますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。