獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199811-77

ねこの病気
投稿日 1998年11月20日(金)18時37分 村田水美

はじめてご相談致します。
実は、この夏、近所の野良猫が5匹の子供を産みました。
お母さんネコは、とても人なつこくついため私も含めて、近所の人にかわいがられています。

子供がだんだん大きくなり、母猫が子離れをしてテリトリーを変えました。母が離れた5匹の子供たちは、寒い時はみんなで寄り添って寝たり、人から貰ったゴハンも、取り合うことなくみんなで分けたり、本当に一生懸命生きています。

しかし最近、どうやら5匹のほとんどのネコが病気にかかっているようなのです。
症状はみな同じで、ゲホッゲホッとせき込んでいます。
さらに目ヤニがとても多く、それが目がふさがれてしまうほど悪化しています。日に日に弱っていくように見え、餌をあげる時、かろうじて目をこらしてこちらを見る姿がなんとも痛々しく、みているのが辛くなるほどです。

こんなにも必死に生きている子猫たち。
自分が引き取って飼うことも含めて、大事にしたいと思っています。

こんな断片的に症状をお伝えするだけでは、分からないかもしれませんが、この子たちはどういう病気にかかっているのでしょうか。この症状特有の病気があれば教えて下さい。
また動物病院に連れていけば、治る見込みはあるでしょうか。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。