獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199811-9

さくらさんへ・・・Re.ペット達の異変。
投稿日 1998年11月2日(月)12時38分 イブ

野性のプレーリードックの門歯はどうなのかわかりませんが、ペットとして飼育されているプレーリーは何かに引っかかったり、墜落したりということで歯が折れたり抜けたりする事が多いようです。何もなくて突然ぐらぐらして抜けるということはないです。ベットの上から落ちて顎を打った事を、簡単な事と思うかどうかですが、身長の3倍もあるようなところから落っこちて顎を打った事を考えれば、折れたりするのも当然かと思います。プレーリーは、ハムスターなどよりも大きく、柔軟性がなくて、動きもいまいち鈍いようなところがあります。そういうことで、猫のようにうまく着地したりハムスターのように衝撃を少なくしたりする事ができず、もろに顎を打ってしまう事が多いのかもしれません。また、プレーリーの歯は確かに硬く強いですが、逆に、衝撃をもろに受けた場合折れ易いということもあると思います。もう一つ考えなくてはならないのが、栄養学的な影響です。もし、ペットの方が野性のより明らかに歯が折れやすいとすれば、カルシウム・リン・ビタミンなどの過不足も考えなくてはなりません。対策としては、総合栄養食となるペレットを中心に、野菜・果物・木の実・動物性タンパク質をバランスよく与え、時々日光浴をさせることです。チョコレートや、スナック菓子、パン類などは絶対やめてください。

ジャンガリアンの龍ちゃんですが、2才は長生きしている方だと思います。歳をとれば、それだけ体力も抵抗力も落ちてきて病気になり易くなります。また、環境の変化にも適応力がなくなり、ストレスを受け易くなります。できるだけ清潔で今までと変わらない環境を作ってあげましょう。プレーリーと対面させたり、プレーリーに触った手でそのままハムスターを触ったりするのも控えた方がいいと思います。室温や換気などにも気を配ってあげてください。また、呼吸がおかしそうだったり、下痢をしたりする時は、一刻も早く病院で診てもらってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。