獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199811-99

猫ママさんへ
投稿日 1998年11月30日(月)16時55分 イブ

獣医師のイブです。
最近、FIPの投稿が多いですね。深刻な病気なので、もっともな事と思います。いろいろな先生が、いろいろな治療法を試みてはいるのですが、今のところ優れた治療法がなく、大変残念な事です。
さて、FIPの病原ウィルスについてですが、このウィルスは伝染力はあまり強くないといわれています。また、このウィルスに感染したからといって、すべてが発症して死んでしまうわけではありません。発症する子としない子がいるのです。
ですから、「どうせもう他の子にもうつっているんだ」とあきらめないで、他の子達を隔離して大切に育ててください。FIVやFelVが同時感染していると、伝染性腹膜炎の増悪因子となります。FIVに感染している猫ちゃんは特に注意してください。
すでに発症してしまった猫ちゃんですが、まだ食欲のあるうちは本人が生きようとしているわけですから、できるだけ力になってあげるべきだと思います。だんだん弱っていく子を見ているのはつらいですが、最後まで愛情深く見守ってあげる事が、猫ママさんにとっても、悔いの残らない思い出となるのではないでしょうか。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。