獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-11

RE.伝染病の猫の通院について
投稿日 1998年12月3日(木)17時22分 田口正行

猫ママさんのFIVとFIPに感染している猫さんについてですが、
この病気が院内感染するか?ということから考えると通院することで他の患者さんに伝染する危険性はほとんどありません。
まずFIVですが、この病気の感染力は人間のエイズと一緒と考えていいと思います。
つまり、血液や体液の接触なしに感染が成立することはありません。
またFIPですが、感染源となるのは尿と便、また腹水などを抜いた場合にはその腹水が感染源となり得ますが、
消毒薬で簡単にウイルスを不活化できますからそれほど神経質にならなくても院内感染は防げます。
ですから他の患者さんに感染するからという理由で受診を嫌がる理由にはなりません。
もし僕が猫ママさんの主治医だとして、この猫さんを診たくないと考えるとすれば、それは「なおすことが出来ない病気の患者さんを診察することが辛いから」
という理由だと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。