獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-127

Re:うさぎのことで緊急に教えて下さい>さわださんへ
投稿日 1998年12月25日(金)10時16分 くしだんな

さわださん、うさぎさん心配ですね。
かおりんごさんに紹介して頂いた Mokoというオスウサギを飼っています。
# 私もお医者さんではありません。

Mokoも今年初め、パスツレラ・ムルトシダ菌によるスナッフル症状に悩まされていました。
スナッフル症状の原因は、多くがパスツレラ菌によるものだそうです。
パスツレラ菌は、ウサギの殆どの個体に存在し、体力が低下した時に発病する、ということのようです。
ただ、パスツレラ菌は培養が難しく、その方法によって原因菌を同定することは出来ないのだそうです。
Mokoの場合は、その症状から「パスツレラ・ムルトシダ菌によるスナッフル症状」と診断されました。

Mokoの治療には抗生物質(抗菌剤)を用いました。
クロラムフェニコール点眼剤という抗生物質とエンロフロキサシンという抗菌剤でした。
どちらも小動物には安全とされている抗生物質です。
抗生物質のなかには、ウサギに投与すると下痢をして死亡する類の薬もあるそうです。
気を付けてあげてください。

スナッフル症状が進行すると、菌が内耳などに感染し、斜頚(しゃけい)という病気に進行します。
首の傾き、眼球の揺れ、等の症状が見られます。
さらに進行すると、脳圧が上昇し、眼球が飛び出してくるそうです。
斜頚が長引くと、自分で食事を取る事が出来なくなり、
衰弱死することもあります。

できるだけ早く、病院へ連れていってあげてください。
下記の「うさぎ倶楽部」のHPに、一部地域ですがうさぎを診て頂ける病院情報があります。
どうぞお大事に。

http://www.nurs.or.jp/~usagi/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。