獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-142

医療ミス
投稿日 1998年12月27日(日)04時48分 林 文明

医療ミスは絶対にないものではありません。
人間のやることですから、多少なりともミスはあると思います。
しかし、ミスを極力なくす努力は獣医師だけではなく、医療関係者各位が行っていると思います。
人間でも時々ニュースになるくらいのミスが報道されることがあります。
私は、動物でも人間でも、医療を受けるという点では、全く同じレベルの話だと思います。
したがって、このようなニュースを目にすると人ごとではないと思っております。
さて、まささんのお話ですが、やはりはっきりしない点がいくつかありますので、それについての書き込みをお願いします。
まず、どういう症状でワンちゃんが病院に行ったのか?どの様な治療を施され、どんな薬でなくなってしまったと思われたか、です。
通常の場合、ある薬を間違って使ったことで(投与量や投与速度)、亡くなってしまうような薬は限られています。
例えば、麻酔薬、心臓薬です。
また、ある種の薬は他の薬と同時に使うことで、副作用が発現します。
現段階では、これくらいのことしか言えませんが、私の言いたいのは医療ミスは、存在する。しかし、それを隠す医療関係者はいないと信じています。
また、本当に原因のわからない死もあると思います。
私にも、入院して治療を行い、元気になった犬が、退院前日に突然亡くなってしまったことがあります。
このケースでは、自分の治療の何がいけなかったかを考えても原因がつかめませんでした。
治療に当たった先生の良心を信じて欲しいと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。