獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-25

>いぬたろうさん
投稿日 1998年12月7日(月)04時27分 パールちゃん


我が家で生まれて、もらわれていった子犬たちは数多いのですが、
1ヶ月間夜泣きが止まらなかった子、もらわれたその日からひとりでちゃんと犬小屋で寝た子など、
同腹でも性格はさまざまです。
夜泣きがひどかった子は、家族が交替でいっしょのふとんに寝たというほど手を焼かせましたが、
ある日突然おとなっぽくなって、ひとりでも眠れるようになったとのことです。
かえって人間のほうが子犬がいっしょでないと淋しくて眠れなかったとか(笑)。
太郎くんも、ひとりにして夜泣きするようなら夜だけでもいっしょにいてあげたほうがいいかもしれませんね。
でも、ゆくゆくは外で飼うのなら、今から昼間は外に置いて慣らしたほうがいいと思います。
陽に当たることで骨格がたくましくなりますし、
ある程度の寒さにも慣らさないと軟弱犬になってしまいます。
朝起きたら散歩、ご飯をもらったあとは外で過ごす>夕方の散歩、ご飯をもらったあとは室内へ・・・
というリズムを作ったらいいと思います。
外の犬小屋は、冷たい風に当たらない場所に置いてあげてください。
犬は気温の低さよりも寒風に弱いものです。
室内では、飲み込んだら危ないものや電気コード・コンセントに注意。
子犬の異物誤飲や感電事故ってけっこう多いらしいですよ。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。