獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-4

猫ママさんへ・・・Re.FIPとFIV両方が陽性の猫
投稿日 1998年12月1日(火)16時54分 イブ

獣医師のイブです。
本当は、FIP発症のねこちゃん、FIV陽性猫ちゃん、どちらもOKの猫ちゃん、と、3つに分けるべきですが、いろいろな事情もありますので、できうる限りの事をすればいいと思います。
少なくとも、FIVは同じ食器を使わない事とお互いのグルーミングや喧嘩、性交を防ぐ事でかなり感染率を抑える事が出来ます。

ひとりぼっちにさせてかわいそうと思う気持ちはよく解りますが、冷静に今の状況を考えると致し方のない事と思います。他の猫ちゃんの代わりに、できるだけあなたがいっしょにいてあげるのはどうでしょうか?FIPの猫ちゃんは、酷なようですが、もう寿命はそう長くないでしょう。それまで、あなたが頑張って付き添ってあげてください。

治療については、ケースバイケースですので、主治医の先生を信頼されてください。もし、疑問があれば、ここに書いた事を直接質問なさったり、お願いしてみるのがいいと思います。獣医の先生は、結構優しいですから、怒ったりしませんよ。勇気を出して聞いてみましょう。インターフェロン、ステロイド剤、などが一般的な治療薬です。ビタミンC、抗酸化剤なども有効かと思います。

元気を出させようと、無理に遊ばせる事はやめてください。
ただでさえ疲れ易い身体ですから、ゆっくり休ませる事の方が大事です。遊んでいる姿を見るのは、飼主さんにとってはちょっと安心するかも知れませんが、それはたぶん飼主さんが安らぎを得ようとしているだけで、猫ちゃんのためになっているとは思えません。猫ちゃん本人が、ちょと遊びたいと言ってきた時だけ、少しだけ優しく相手をしてあげてください。
どうぞ頑張ってくださいね。応援しています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。