獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-56

RE:気がかりなことがあるのですが、、、
投稿日 1998年12月12日(土)10時26分 田口正行

ワクチン接種に追加接種はいらないか?
狂犬病ワクチンを実際には接種していないのに、接種したことにしている。
の2点に僕なりの考えを述べます。
 はじめのワクチンの追加接種の是非ですが、現在使用されているワクチンは混合ワクチンになっています。
このうちのパルボについては5〜6回の接種でかなり高い抗体を保持することができます。
しかし、ジステンパーとアデノウイルスについては毎年接種していてもそれほど抗体値が上がらず、ひどい場合にはジステンパーに感染して死亡してしまう事もあります。
(抗体値については1993年に臨床病理研究会で、群馬県の獣医さんのグループがまとめた成績のものです。)
 つぎに狂犬病のワクチンについてですが、これはその獣医さんが詐欺を働いているのと同じ事だと思います。
もし、狂犬病のワクチンを接種することが出来ない状態のワンチャンならば猶予証明をかいて登録だけすればよいのであって、注射をせずに注射済票をだすことはだれが聞いてもいんちきです。
また狂犬病ワクチンにたいして反対なのであれば陰に隠れていんちきをしていないで、堂々と私はこういう理由で注射を打ちませんと説明するべきです。
その獣医さんを信じた飼い主さん。狂犬病予防注射の委託をいしてる自治体。地方の獣医師会に対しての背徳?(ちょっと表現が古臭いですが)
と僕は考えますが、、

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。