獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199812-67

耳の病気について
投稿日 1998年12月14日(月)00時58分 プリシラ

初めまして。大学病院の研究生です。12月12日のユキさんの耳の病気についてですが、結論から言えば動物病院に連れていくことをおすすめします。 怖いのは鼓膜が破れてしまっていることです。もし、あった場合にはやはり動物病院での指示が必要となります。下手にいじると神経症状(斜頚・瞬膜突出など)も起こしかねないからです。また、耳垢がすごいという主訴でありがちなものとして考えられるのは、外耳炎(酵母菌・細菌の繁殖)や耳ダニですが、治療法がまったく違ってきます。やはり実際に見てみないと、あれかもしれない、これかもしれないという推測だけになってしまい、適切な処置はできません。このために物が言えない動物は不快な状態が続くという飼い主の方にとっても、動物にとっても悲しいことになってしまいます。単純に耳垢だけならば、お家の方で耳の洗浄などもできますが動物病院で使用している、動物専用の耳道洗浄液や消毒薬が必要となります。(テイッシュなどで耳の見える範囲だけをふき取るということは正しいと思います。綿棒などで耳を掃除すると逆に耳垢を奥に押し込めることにもなりかねないからです。また慣れていない動物にとっては恐怖感を与え、頭を振ったりして危険なです。) しかし、老齢で動物病院ギライで、動物病院に行くことそのものがストレスになってしまうのではないか?というユキさんの気持ちもなんとなくわかります。そこで往診できる獣医さんにお願いしてみてはどうでしょうか? いろいろな病気の可能性を不安に思うよりは、いいと思います。もしかするとホントにものすごい耳垢がたまっているだけなのかも知れません。早く治るといいですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。