獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-117

RE、ペットからの感染症
投稿日 1999年4月15日(木)00時34分 田口正行

犬や猫から人に感染して、網膜に病変をつくる可能性がある病気で代表的な物は眼トキソカラ症です。
これは犬回虫(または猫回虫)が人間に感染した場合に幼虫のままで人間の体内を移行する病気です。

人に対しての感染率はかなり低いのでむやみにおびえる必要はないと思います(金沢大学の医学部で詳しく統計を取っていたと思います)。
人で考えられている感染ルートは回虫卵の経口摂取、または幼虫を含んだ生肉の採食の2つが考えられています。
最近、成人の眼トキソカラ症が増加傾向にあるようで生肉摂取による感染増加が懸念されています。
眼トキソカラ症の眼底病変は多くが片眼性で、硝子体側へ突出する白色の肉芽腫様の隆起病変が特徴とされています、また確定診断には最近人のトキソカラ症専用の診断キットが使われるようになって来ました。
TORUさんの眼の治療は眼科の先生にお任せするのが一番ですが、問題は飼育されているワンチャンたちの駆虫です。
まずは飼育しているワンチャン、猫ちゃんの検便をしてみる必要がありますが、犬回虫も猫回虫も全てが犬や猫の腸管に寄生しているわけではなく、一部は肝臓などで休眠状態にあると考えられています、妊娠や出産などがあるとこの幼虫が胎盤や乳腺などに移行して子犬に感染してくるのですが、この腸管外にいる回虫に関しては駆虫が困難と考えられています。
僕たち獣医師は知識としてこの病気を知っているので患者さんに回虫が見つかったときには人の網膜病変の話をしていますが、実際にこの病気にかかり網膜病変を患ってしまった話は初めてです。
もしよろしければ、これからも獣医師に対する警鐘として経過を教えてください。
ご家族の方に発症する危険はかなり低いと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。