獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-123

RE、歯石について
投稿日 1999年4月15日(木)12時43分 田口正行

通常、犬の歯石は中年以降に付着が多くなります。
一歳半のコーギーさんで歯石が付着して口臭があり、歯肉から出血しているのは病的な状態と考えられます。
例えば、エナメル質形成不全で象牙質が露出してそこに歯石が付着するとともに周囲に歯周炎を起こしている場合や、
乳歯が過剰に維残して自然な口腔内の清掃効果がないために歯垢が付着しやすくなっている場合などです。
やはり獣医さんに診てもらった方がいいと思います。

また歯石を除去するには麻酔が必要ですが、健康に問題のないワンチャンでは麻酔事故の確率は殆どありませんから、心配はいらないと思います。
歯石を除去した後に歯面がざらざらしてしまい、歯石の再形成が早くなることはあります。
最近では獣医さんも歯石を除去した後にはポリッシングといって歯面を磨く処置をする病院が多くなっています、一度麻酔やポリッシングの有無、エナメル質形成不全の有無を含めて、獣医さんに相談してみてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。