獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-141

わが家のハムスター達のカルテ
投稿日 1999年4月18日(日)11時26分 ひろこ

初めまして。こうした場は初心者ですが、ハムスターを飼い初めて約2年。初代・F1・F2と合計12匹の子持ちの母さんです。2年も経ちますといろいろ病気もしてくれまして、獣医さんのお世話になることも度々。そこで只今一番の気がかりなチー(雌)について。この子は生まれつき右後肢が無く体も小さいのですが、一番の元気者。ゲージを脱走するなんて朝飯前。ところが2カ月ほど前から頬袋下右胸に、血腫らしきものができました。あまり大きくなって(縦横高さ共2cm程)
動きづらそうなので、麻酔の上内容物を抜いてもらいました。問題はこの後。止血剤入りの飲み薬は効果なく、なんとか症状が治らないまでも軽減できないかと思案中です
今まで2回処置していて、これ以上は高齢(1歳9カ月)のため麻酔をかけて処置をすることは危険そうですし、後は経口に頼るしかありません。漢方薬も考えています。ちなみに1回目の処置では4cc、2回目で5cc内容物を抜いており、ほとんどが血液及び体液プラス異常細胞が散見されるということでした。血腫が小さくなれば動きやすくて、まだまだ跳びはねる子です。食欲も変わりないだけになんとか症状を軽減する方法を見つけたいと思っています。何かアイディア・ご意見等
ありましたらよろしく。
また雌は目が飛び出てくる症状が多いようです。これは早いうちなら食事療法で治しています。雄は脂肪腫が多い様です。アトピー的皮膚病はヴィタミンE投与がやや有効。(ちなみにわが家ではハムのためにご飯にヴィタミンEを添加しております。おにぎり好きの子が結構いるのです) 
そろそろ初代・F1共白髪、白内障が増えてきました。白内障については年故の事で仕方ありませんし、本人達たいして不自由はしていない様です。長生き家系だといわれておりますが、餌の与え方のせいかと・・・ きっともっと良く飼育している方もいらっしゃるでしょう、より長く健康に生きてもらう為にも飼育方法の意見交換が必要ですね。
ちなみにペットフード会社さん、混合飼料も良いのですがハムは個々に好き嫌いがあって、食べるものが偏りがちです。ヒマワリの種・ピーナッツが多過ぎです。配合を考えるか、単独飼料を販売してくださると嬉しい。ソバ・トウモロコシのフレークは食事療法に使えます。1度御考慮下さい。
獣医さんも、最近ドワーフハムスターが出てきたせいで飼育する方が増加傾向。獣医さんに見せる方が少ないのでしょうが、頑張って治療方法の研究をお願いします。ある獣医師から皮膚病や目の出てくる子が多いとうかがいましたが、ハムスターの事事態良く分からないお医者様もまだまだ多い様です。小さくても家族の一員です。良きアドバイスをしてくださるお医者様が増える事を願ってます。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。