獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-160

猫白血病のワクチンについて
投稿日 1999年4月21日(水)10時04分 楓

私も獣医師ではありませんが・・
猫白血病のワクチンは現在獣医師で接種することができますが、あくまで陰性の猫に対してだけです。
血液検査で白血病にかかっていると診断された猫には残念ですが効果はありません。
まずすずめさんの2匹の猫ちゃんの血液検査をしていただいて、陽性でなければ
すぐにワクチンを接種してもらってください。でなければ遅かれ早かれ同じような
悲しい結果を迎える可能性が非常に高くなってしまいます。
本当に残念なことですが現在発病してしまった猫ちゃんを助けるすべはありません。
対症療法で少しでも苦痛を少なく、延命させてやるしか方法はないのです。
陽性だからといって全ての猫がすぐに発病するわけではありませんから
血液検査を怖がらずに、もし陰性ならまだワクチンを打って助けられる可能性があるのですから
早めに獣医さんにご相談されることをお勧めします。
血液検査に行くまで時間がかかるようなら、まず健康と思われる猫ちゃんを
発病している猫と離してください。
くららさんが書いてくださったように、唾液や血液で感染します。
一緒にいる時間が長ければ長いほど感染の危険性は増すからです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。