獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-162

猫が力なく座り込むようになりました。
投稿日 1999年4月21日(水)13時30分 みん

二歳の猫(女の子)がへなへなと座り込むようになりました。
最初はフーフーとふきながらかくかくと座り込み、
今はニャニャニャと言って座り込みます。
痛くて声を上げるのか、歯がゆくてなのかはわかりません。
普通に歩いたりジャンプもするのですが、走らなくなりました。
前足はしっかりしていて後ろ足の力が抜けるようです。
お医者に行ったのですが、
レントゲンを三枚撮るところを暴れて一枚しか撮れず、
採血も次に機会になりました。
一枚だけのレントゲンからは、腎臓など内蔵が小さく、
長生きしないように言われました。
今のところ考えられるのは、くる病の類いや神経系、血栓などと言われ、
血栓を溶かす薬をもらいました。
気になるのは、小さいころから胴輪をはめるとへなへなと横になって
そのまま前足と後ろ足でずりずりと這うような子でした。
鳥カゴにちょっかいを出すなど、体は元気そうです。
サイエンスと間食に少しチーズやいちご、ヨーグルトなど与えています。
実は、これは妹の飼っている猫で、
妹からインターネットで手掛りをさがしてと相談を受けての質問です。
またお医者には行きますが、その間も心配なので何か情報をお持ちの方、
どうかなんでも結構です。教えてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。