獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-246

妊婦さんへ
投稿日 1999年4月29日(木)00時30分 ぴく

参考になるか全くわかりませんが、初めは妹が出産するとき我が家の犬の反応を心配しました。
出産直後は、犬の方が精神的にストレスを感じて(多分みんなの関心がどうしても赤ちゃんに行ってしまうので)神経性の腸炎になり、毎日下痢になりました。気のせいかいじけて見えたし、その後犬が心を開いてくれるのに苦労しました。
その後、犬が手を出すのではとの心配も杞憂に終わり、むしろ子供をいたわっているようです。(だって犬の方が年上ですから)子供が犬にちょっかいかけたり、犬のご飯に手を出そうとしても(!)知らん顔してるし、子供が手渡しで食べ物をやっても絶対に手をかむこともありません。子供の方もまったくおびえずお菓子を分け合ったり一緒に遊んでいます。
清潔とか病気とかいうことはわかりませんが、子供の情緒に関しては犬のいる家庭は、決して悪くないと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。