獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-248

おん太くんのお母さんへ
投稿日 1999年4月29日(木)02時20分 パールちゃん

私が幼稚園くらいの子供だった頃、
飼い始めたばかりの子犬が家の近くで交通事故にあい、死にました。
轢いてしまったドライバーは亡骸を抱いて家々を回ったのちに
我が家を探し当てたようで、
何度も何度も詫びを言い、後日また挨拶に来てくれました。
そして、それからン十年たった3年前。
1歳5ヶ月の犬が私の不注意から道に飛び出し、
轢かれてしまいました。即死でした。
車は急ブレーキの音だけを残して、走り去りました。
子供だった頃は「死」の意味がわからず、
ただただ「お嬢ちゃん、ごめんね」と優しい言葉をかけてくれたという思い出があるだけです。
大人になってからの愛犬の事故は、自分の不注意を悔やみ、
轢いて、そのうえ逃げた人を憎みました。
でも、おん太くんのお母さんの書き込みを読み、目からウロコが落ちた思いです。
私は、轢いてしまった人にイヤな思いをさせたのだということに、
今まで気づきませんでした。
もっと早くこのことに気がついていれば、ペットロスに陥ることもなかったかもしれません。
ペットロスは悲しみや後悔だけが原因ではなく、
恨みや憎しみが加わることによって、より複雑になってしまうものです。
人に迷惑をかけるような飼い方をしてはならない、ということを
改めて感じました。

おん太くんの回復を心から祈っています。






◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。