獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-3

こーじさんへ:Re 避妊手術
投稿日 1999年4月1日(木)03時49分 マンタ

若いうちに避妊手術をしてもらって、猫チャンも幸せですね。
猫の場合は犬と違って乳腺腫瘍のうち悪性(癌)の割合が高いですし、
また、避妊手術のを行なっている猫は行なっていない猫より乳腺腫瘍の
発生率が1/7になりますので、きっと長生きされることでしょう。

さて、質問の「ハゲ」の件ですが・・・。
前足のハゲは多分、麻酔中に点滴を行なうため、針を血管の中に刺したまんまに
しなければないので、そのときの毛刈りの後と思われます。
何もご心配することはありません。
後ろ足の付け根とわき腹の「ハゲ」は、前足と比べてどうですか?
もし同じような毛の短さ、なくなり方なら、大丈夫でしょう。
もしかしたら、心電図の電極をつける際に毛を刈られたかもしれないので
赤くなってる、四六時中かく、かさぶたのようなものがついている、
そこだけフケがおおいなどの症状がなければ大丈夫だとおもいます。
糸についてですが、できれば皮膚の表面にでている糸は切ってもらったほうが
いいと思います。ただ、主治医の先生が大丈夫だといっているのであれば、
心配いらない程度ではないのでしょうか。
手術部位の腫れは、病的なものと生理的(傷を治そうと細胞があつまってきたり
皮膚の下を縫っている糸を溶かそうと細胞があつまってきたり)なものがあります。
薬が処方されているのであれば、それを飲ませ様子を見て、異常があったら
すぐに獣医師に連絡をとる、そのような方法でいいと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。