獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-61

オーム病について
投稿日 1999年4月8日(木)02時18分 くらら

オーム病は、クラミジアシッタシという細菌が感染して起こる病気です。
「感染源」
オウム、インコ類の10〜30%、野生のハトの20%が感染していると言われています。
これらの排泄物の菌を吸い込んだり、口移しで餌を与えたり、血が出るほど噛まれたりすることで
感染をうけます。
感染源の頻度は、インコ39%、セキセイインコ20%、十姉妹10%、
ハト8.5%、オウム5%、文鳥3%、カナリア2.5%ぐらいです。

「症状」
1〜2週間の潜伏期間の後発症します。
軽度のインフルエンザ(風邪に似ている)様の症状から、
肺炎症状の著しいもの、高熱が続くものなど色々な
症状が現れます。
オトナが多く発症します、子供にはあまり見られません。
頭痛や、間接痛障害をともなって、特に重症肺炎になった場合は、
厳しい状況に至る場合もあります。
変だなあと思って病院に行かれた場合は、鳥を飼っていますと告げた方がいいかもしれません。

「診断」
血清の中にオーム病感染を示すものがあるかないかで調べる方法が一般的です。
普通2回採血をします、結果を得るのに多少時間がかかる場合もあります。
健康保険が適応されない検査があります。

「治療」
最低2週間の抗生物質を飲みます。
必要がある場合には入院します。

「予防」
餌を口移しで与えない。
乾燥した糞は空中を漂って、人に吸入されるので、速やかに処理する。

私の回りで、オーム病と診断された人は何人かいらっしゃいますが、
入院治療の後、みなさん回復して今はお元気です。
お気になさるようでしたら、病院で検査を受けてみられてもいいと思いますが。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。