獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-69

RE、脂肪腫と脂肪腺に薬物が貯留するタイプのノミ駆除薬
投稿日 1999年4月8日(木)21時00分 田口正行

フィプロニルは確かに皮脂腺に貯留してそこからの徐放によって
長期間効果が持続するノミ、ダニの駆除剤です。
皮脂腺は真皮にあります。今回問題とされている脂肪腫の発生は通常、この真皮のさ
らに下にある皮下組織に存在する皮下脂肪からのものと考えられます。
脂肪腫の発生とフィプロニルの貯蔵される場所とには違いがあると考えられます。
また、脂肪腫は皮膚と離れていて、皮膚との固着は無いのが普通ですから一度腫瘍と
皮膚とが張り付いているかを確認してみてください。

僕の聞いた範囲でのフィプロニルによる副反応は全身の一過性の発赤と痒みだけで、
脂肪腫の発生はまだ報告に無かったと思います。
またフィプロニルは表皮と真皮の境目の基底膜を越えないとされているので、皮下組
織にまで到達する可能性は低いように考えられます。
(脂腺は真皮といっても毛包に開口しますから、フィプロニルは到達します)
念のため、フィプロニルを購入した先生を通して、副作用報告としてメーカーに連絡
されては如何ですか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。