獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199904-75

RE、脂肪腫と脂肪腺に薬物が貯留するタイプのノミ駆除薬
投稿日 1999年4月9日(金)16時46分 太郎

田口正行先生のご説明は簡明でよく分かりました.どうもありがとうございました.

厚かましくもう少し質問させていただきます.(素人なので変な質問かも知れませんが).

フィプロニルは水には溶けず、油にとける薬剤のようです.“フィプロニルは表皮と真皮の境目の基底膜を越えないとされている"とのことですが、フィプロニルが血液の中性脂肪等に入り、全身に回るかどうかは、油性組織をしらべればすぐに分かることではないでしょうか.このような検査は行われているのでしょうか.能勢町のゴミ焼却場の従業員の人が体のダイオキシン(油溶性物質)濃度がたかかったのは皮膚からの浸透も考えられると思います.フィプロニルが体内に入っても不思議ではないと思います.

http://www.nval.go.jp/monitor/H9-1-12.htmlをみると、犬の場合は両眼瞼腫脹・発赤、全身 発赤・掻痒、猫の場合は嘔吐頻回流涎が起こりうるようです.またhttp://www.xpansions.com/k-9specialties/board/messages/7.html にはいろいろな副作用に対する実例等についての電子メールを読んでみました.(こういう実例は解釈が難しいとは思いますが..)このような副作用の例をみると、フィプロニルはやはり体のなかに入るのでは思われますが....(量と拡散速度の大きさの問題ですが、分子はもちろん必ず体の中に入るはずです).

ところで、脂肪腫(皮とはくっついていない)が多数発生する理由はどうのようなことが考えられるのでしょうか.お教え下さい.

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。