獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-107

RE 腫瘍の相談
投稿日 2001年1月13日(土)11時06分 田口正行

腋下の腫瘍で、とりあえず悪性には見えない様ですが腫大傾向が明らかであればやはり外科的に切除して病理検査は行った方が良いと思います。
あまり大きくなると、腋下の神経を圧迫して跛行の原因になる事も考えられるからです。

心疾患に関してはキャバリアは6歳までにほぼ100%左房室弁の閉鎖不全を起こしてくる事が知られている犬種ですから、全く安全と言うわけには行かないかも知れませんが、一般常識として心疾患があっても内科的にコントロール出来ていれば手術は可能とされています。
麻酔に不安があって主治医の先生が二の足を踏まれている様でしたら、大学病院への紹介を依頼されても 良いかも知れません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。