獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-218

犬ミニチュアダックスの関節リウマチ
投稿日 2001年1月22日(月)01時18分 ミッキ−

うちのミニチュアダックス(♀・5歳)は2歳の頃から関節リウマチを患っています。
現在は微量のステロイド剤のみを毎日服用させています。というのも、前肢手根関節
部分の骨や組織の破壊が進んでいて、関節固定などの外科的な方法は適しないだろう
ということで内科療法をずっと続けています。
 しかし、もう長期にわたって同じことしかしていないので、もっと何か有効な治療
方法はないのだろうかといつも疑問に思っています。
 人のリウマチに関しては最近大分良い治療法が見つかってきていると噂に聞いてい
るので、犬のリウマチに関しても朗報がもたらされてもいいのではないかと思うので
すが・・・。どなたかリウマチ最前線のお話を聞かせてくださいませんか?
 こうしてネットを通じてもう何回も情報交換を目指して呼びかけていますが、今だ
に一件もヒットがありません。世の中にリウマチのワンちゃんをお持ちの飼い主さん
ってそんなに数少ないのですか?どんな些細な情報でも結構です。悩みをともに相談
しあえるような、ほっとしたりできるようなそんなリウマチワンコのオーナーさんと
とメール交換ができたらそれだけでもどんなに心の支えになることか。
 どうぞ、様々な角度からのご意見、メールでお寄せください。お願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。