獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-239

突然の永久(とわ)の別れ
投稿日 2001年1月23日(火)20時17分 やす

みなさんはペットに何を求めていますか?単に可愛いからという理由からだけで飼って
いる訳ではないでしょう。私もかれこれ30年以上、11匹のネコとつき合ってきまし
た。その大半は迷いネコです。ネコたちは当然、私達人間と違って短命ですからいずれ
看取る日が来るのは致し方ないのですが、往生して逝くネコに悔いは残りません。しか
し、ある日突然、事故などで逝かれるとそのショックは計り知れないものがあります。
ついさっきまで元気に遊び回っていたのに。と、思うとやるせない気持ちで胸がいっぱ
いになりませんか?つい先日。私の可愛がっていた愛猫が朝散歩に出ていったきり、
天国に召されてしまいました。野犬に襲われたのです。後で聞いてみるとその犬、札付
きの悪犬だそうです。が、しかし、飼い主が捨てたから野犬になった訳ですよ。始めか
ら悪いわけではありません。でもその犬は悟っているんでしょう。飼い主に捨てられた
恨みを持っているに違いありません。生きていかなければなりません。で、ネコを襲っ
たのでしょう。私もやるせない気持ちで一杯になり、傷ついて亡くなったネコの亡骸を
抱え、一旦は埋葬してやりました。でも、この寒い季節、土に埋めたことが可愛そうに
なり、あとで掘り出して、動物病院から紹介された霊園に持参してお骨にして貰いまし
た。お骨上げをし、壺に納めて貰って持ち帰り、毎日線香をあげて供養しています。亡
くなった当日。あまりのショックに昼食、夕食ものどを通らず 噛み殺された恨みから
やけ酒で酔っぱらって寝床に入ってしまいました。でも、結局寝付けず、夜が明けてし
まいました。一人暮らしの私にとってかけがえのない存在でありました。なんとか傷は
癒えつつありますが。まだ当分この出来事は脳裏に焼き付いて離れないでしょう。そし
て将来、できることならこのネコのお骨も一緒の墓地に入れて貰いたいと願っておりま
す。それほどこのネコを愛していました。このように動物の魅力というのは皆さんもご
存じの通り、愛情表現がストレートで嘘偽りが無いからだと思います。でも、何度経験
しても永久(とわ)の別れは辛いものです。今、デスクトップ画面にそのネコの写真を
貼り付けております。今年42歳の独身(男)です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。