獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-246

かりん様。
投稿日 2001年1月23日(火)22時11分 ももんが

かりん様、はじめまして。

うちのわんこは以前に一度、事故に遭ったことがあります。
幸い命には別状なく、少々の傷と後ろ足の打撲(?)程度で翌日には
退院してきました。私はそのとき、獣医さんの診断に疑問は抱きませんでした。
ですが、かりん様のように「どうして?」「なんで?」という疑問が
少しでもおありならば・・・他の獣医さんに診ていただくのもひとつの方
法だと思いますよ。
結果がどうなろうとも・・・飼い主さん(かりん様の場合はお友達のお宅の子
でしたね)は精一杯のことをやってあげたいと思いますよね。

そして、事故のときどうなるか。ということですが・・・。
これに関しては一概に言えることではないと思いますよ。
外傷がなくても内臓や脳に重度の障害を負ってる場合もありますし、
外傷がひどいわりには、なんともなかったり・・・。

お辛いとは思いますが、がんばってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。