獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-307

コロナウィルスのワクチン
投稿日 2001年1月27日(土)14時29分 おはにゃんこ

はじめまして、1男(雄)3女(雌)の猫と暮らすおはにゃんこと申します。
FIPのワクチンについては私も以前何処かのHPで見たことがあり
友人の育休中の獣医さんにたずねたことがあります。
教えてもらったところによると
このワクチンはアメリカですでに実用化されているのですが、
まだ信頼性が置けない状態で
日本では動物用医薬品として認可されていないのではとのことでした。
ですから、FIPに感染の危険に晒されているような
猫以外には勧められないようなことを言っていました。
これは私の見方ですが基本的にワクチンなのでfelvのワクチン同様
感染前の子に有効でも、感染してすでに発病してしまった子には有効とは思えません。
(この辺は獣医の先生方のご意見を伺ったほうがよろしいかと思いますが)
なんにせよFIPはもっとも恐ろしい病気の一つ。
早期に優れたワクチンが日本に登場することを願ってやみません。
サスケさんも気を落とさないで下さい。
飼い主ががんばってあげないと猫もがんばれません。
少しでも快方に向かう様にお祈りしております。




◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。