獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-321

>じゅんさんへ
投稿日 2001年1月29日(月)19時04分 やす

私も5年程前まで似たような野良ネコを面倒みていた経験があります。そのネコは常に親子で行動して
いて問題のネコはその親ネコが産んだ雌ネコでした。産まれて一年強経ち、新たに子供を産まれては
世話が大変なので捕まえて避妊手術をする事にしました。しかし、そのネコ、人間に対する警戒心が
異常に強く、結局睡眠薬をエサに混ぜてようやく捕まえる事ができました。亡くなる一年前位までな
かなかなつきませんでした。(享年15歳)野良猫にしては長寿でした。ある程度の距離までは近づ
けるんですが、親ネコは慣れきっているのに全く駄目でした。どうも幼い頃の体験がその子をそこま
で怯えさせてたようです。おそらくあなたのネコちゃんもそういう体験が深層心理の中に根強く残っ
ているんでしょう。ですから無理にブラッシングしようとしないほうがネコちゃんの為にも良いと思います
。動物というのは動物同士でも、相手が人間でも、本当に心を許せる相手にのみお腹を見せるんです
から。たとえお腹をブラッシングさせてくれなくても良いんです。暖かく見守ってあげましょうよ。
それがその子への真の愛情だと私は思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。