獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-325

>じゅんさん
投稿日 2001年1月30日(火)01時48分 寿

はじめまして。長毛猫飼いです。
5歳の猫さん・・・今までどうしていらしたのでしょう?さぞやご苦労なさったことと思います。
ペルシャ系の毛質はもつれやすく、人が手入れしてあげなければ毛玉同士が絡まって、
動きの妨げになるほどのフェルト状態に育ってしまうこともあります。
皮膚の健康のためにも、放っておいていいものではありませんよね。
ブラッシングに慣らすか、全身カットするか、どちらか必須だと思います。
毛玉が出来ているようでしたら、カットするのが一番です。
猫の場合、皮膚のたるみが多いので、毛玉と一緒に皮膚を引っ張って切らないように、
それだけは注意してあげてください。
無理に押さえつけると抵抗が増しますから、穏やかに声をかけて気を逸らせるなどして、
猫の表情を見ながら少しずつ始めるといいと思います。
その様子ですと、一度に全身片づけるのは無理でしょう。
背中が何とか出来るなら、他の場所もきっと出来るようになります。
焦らずに、猫の「気持ちいいポイント(耳の後ろ・顎など)」から始めて、
一緒に練習するつもりで・・・回りくどいようでいて、近道です。
ある程度、触られることに慣れてきてくれたら、ご家庭で全身カットしてあげることもできます。
手を焼かせる性格かも知れませんけど、あきらめないで、
すんなりさせてくれる子の倍くらい心を砕いてあげてくださいね。本人もつらいでしょうから。
麻酔をかけた時の様子・・・
かかりつけの先生に今一度ご相談なさっては?血液検査などで答えが出ることもあります。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。