獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200101-332

マルチレスです。
投稿日 2001年1月30日(火)21時02分 ムクムク

Re:獣医さんを信じたいけれど・・・。
1月28日発言のめめさんへ

少量の尿を何度も行く症状を頻尿といいます。 排尿したにもかかわらず
膀胱にまだ尿が残っているような気がするため(残尿感)、何度もトイレに行
きます。 これは膀胱炎の際に多く見られる症状です。 冷え込むこの季節、
膀胱炎の患者さんはうちの病院でも少なくありません。
手術との関係はわかりませんが、通常避妊手術では膀胱には触りません。

Re:受け口なんです・・・
1月28日発言のまるぽぽさんへ
人の医療では歯科があり、その中でも矯正歯科は独立しています。
動物の領域でも歯科治療に熱心に取り組まれている先生方は増えつつあります。
主治医の先生と相談され、場合によっては適切な動物病院を紹介してもらい
歯科になれられた先生の診察・治療を受けられることをお薦めします。

Re:リベンジならず
1月27日発言の浪人生さんへ
ありきたりの言葉ですが、吉報をお待ちしています。

Re:教えてください
1月26日発言のあいこさんへ

小犬のしつけや飼育に関するホームページですが、以下に多くリンクされています。
http://www.vets.ne.jp/link/1100/1102.html
参考になると思いますよ。

掲示板設置者として
この掲示板は「意見交換」のネーミングの通り「健康相談室」ではありません。
通常動物病院では、飼い主さんから症状をお聞きし、検査のプランを立て、
査を実行し、その検査結果から疾病を診断し、治療プランを立てております。
○○病なのですが、どのような病気なのですか」などは、比較的返事を書きや
すいのですが、「このような症状なのですが何の病気ですか」などは、かなり
特徴的な症状でないと病気一覧も書きにくいです。
特に、すでに先生に診てもらっているようなケースでは、先生との信頼関係を
損なわないように返事を書くのが非常に難しい場合もあります。
また、掲示板では診断が出来ないわけですから、治療法について答えが出ることは
ありません。
私個人としては、異常があればまずお近くの動物病院に行っていただく。
また、診断治療に満足できない場合、他院の先生に診てもらわれることは悪いこと
ではないと考えています。
ネットワークは、診断治療については無力です。
このあたりの点をご理解お願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。