獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200602-199

ちゃーさんへ
投稿日 2006年2月17日(金)00時18分 投稿者 けりーずはうす

治るまで入院は可能だと思いますよ。
でも、家でもケアーできると思うのですが。以下の提案を検討してみてください。
まず、猫用ケージか、犬用でも代用可能ですが、屋根のあるのを購入してください。
今小型犬用でも、60x90cmのものが安くで手に入るはずです。
もし、カラーをするとなると、どちらみち2階建ての上には上がれませんから。
もちろん、家の中に設置していただくのが理想ですが、無理なら、昼間は日当たりがよく、
北風が入り込まない場所を選んで設置するのがいいでしょうね。
トイレは普通の猫用トイレでは、猫の寝るスペースがなくなるので、料理用バットに
猫砂を1回分ほど入れれば、そこでしてくれるはずです。
2−3個替えを用意し、交換すれば清潔ですし。
中には、水とエサを入れておき、かなり寒いようなら、新聞やバスタオルでケージの周りを覆い、
中にペットボトルに湯を入れた簡易の湯たんぽや、携帯用カイロを2−3個タオルの下に敷いてやれば、その上で丸くなって眠るでしょう。
この方法はどうですか?
入院費を出すと思えば、今後も、何かの時には使用できますし、安価で済むと思うのですが。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。