獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200605-314

さやさんへ〜フィラリア症と治療
投稿日 2006年5月29日(月)01時03分 投稿者 山下 貴史

さやさん、遅くなりましたすみません。(日曜日は診療と勉強会で、お待たせしちゃってごめんなさい。って待ってないかも!?)

で、簡単に書きますね。
蚊によって運ばれたフィラリアは主に肺動脈(心臓から肺へ向かう血管)に寄生します。寄生部位よりも遠方(血液の下流側)は血流に乗ったフィリラリア抗原などで、寄生部位周辺は抗原+虫体によって血管の一部が肥厚したり、腸管壁のような絨毛風になったり結節を作るするようになります。これは寄生する場所の移動などをきっかけに広がっていきます。また、虫体自身などが肺の血管に詰まったりもします。すると、まずは肺に病変を作ってしまい肺の血圧が上がり、心臓(特に右心)への負担が増してしまいます。ちなみに、うっ血肝からの肝障害や、血液中に巻かれる因子による腎疾患も起こりえます。

心臓に関して言えば、さらに病態が進むと心臓の肥大から心不全へと進んで行きます。

各病態の確認(症状や各種検査で判断)後、血圧をコントロールする薬などを用いることがあります。しかし、僕たちが発見するフィラリア症の多くは無症候性で予防薬を出す前の検査や検診(健診)で見つけることも多いので不安に思いすぎることもないと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。