獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-120

rs:猫アレルギーの方への子猫の譲渡についてのその後
投稿日 2006年7月14日(金)00時19分 投稿者 sumire

横レス失礼いたします。猫の里親探しのお手伝いをしているものです。

私だったらプラス&で
・適切な時期での去勢・避妊手術

・室内飼いが出来なくなったら病院で引き取るということ。
↑とても、おやさしいご意見だと思います。

実際に里親探しのお手伝いをしていて、家庭の事情で何年もたって戻ってきたり、外に遊びに出て交通事故、障害が残り飼育に困り病院へ戻ってきた猫を抱え面倒を見ている病院の先生の姿を見ています。
小さい子猫でさえ、里親さん探しは簡単でありません。数ヶ月、半年たって戻ってきた子(大きくなった子猫)の里親さん探しは時間も掛かります。子猫にも、辛い思いさせると思いますが。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。