獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-133

ご助言下さい
投稿日 2006年7月16日(日)13時24分 投稿者 kiki

18歳の猫です。10日程前に肺に水が溜まり呼吸困難になりました。
病院にて、「このままでは1〜2日。水を抜けば楽になる」と言われ、両肺から100CC位の水を抜きました。
少し元気になりましたが、3日後には右肺にまた水が溜まり、今度は管を入れて現在まで毎日20CC位の水を抜いています。(今日現在で5日間)そして毎日栄養剤と抗生剤を打っています。
もう5日、何も食べていません。ミルクやスープをスポイトで与えても、むせ返る様になってしまったので、昨日からは水しか与えていません。苦しそうで見ていられないからです。
今はもう動く事は出来ず意識も時々戻る程度ですが、ずっと目は開いているので寝ている訳ではない様です。両後足も昨日からむくんできました。
病院では「苦しませない為に」と言われ治療を続けているのですが、ここに至って本当にこれで良いのか疑問に思っています。
結局死ぬ時は同じ苦しみを与えてしまうのに、苦しみを延ばしているだけなのではと思っているのです。
昨日「栄養剤や抗生剤で生きているのですか?」と先生に尋ねたところ、「それだけではなく、心臓や生命力の問題だから」と言われました。
確かにその通りだと思うのですが、もし打たない方が早く逝けるならと考えてしまいます。
もちろん打つ事によって楽に逝けるなら死ぬまで打ちつづけますが・・・。
病院で先生と話していると私も冷静になれず(泣いてしまうので)うまくお聞きする事ができないので、こちらでご助言いただけたらと思います。
安楽死は望んでいませんが、その方が良いというご意見でも何でも結構ですのでどうかご助言下さい。
また、家族の理解を得て24時間態勢で診ていますので、こんな事をしてあげたらなどのご助言がありましたら教えて下さい。
獣医師の方々・愛猫家の方々、どうぞよろしくお願い致します。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。