獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-138

Re ご助言下さい
投稿日 2006年7月16日(日)17時25分 投稿者 けりーずはうす

「それだけではなく、心臓や生命力の問題だから」
時折、この生命力の強さに驚かされることは医療従事者であれば1度や2度ではないでしょう。
「生命力」は不思議です。

何の答えにもなっていませんが、主治医の先生の言われたことに賛同しております。
しかし、飼い主さんであるkikiさんがこの注射処置さえも猫さんの負担になっているのではと
お感じになっているのであれば、止められていいのですよ。
後は、猫さんが一番安らげる場所で過ごさせてあげればいいと思うのですよ。

同じ状態であっても、最期をどう迎えさせてあげるかは飼い主さんがお決めになっていいのではと思うのです。
最期まで手を尽くしてやりたいと願う方もいらっしゃれば、少々苦しくても家で迎えさせてあげたいと願う方・・・
どちらも間違っているとは思いません。

また、私はできれば「自然死」を望む方ですが、苦しんだり辛そうであれば「安楽死」も選択肢の一つであると
考えています。

猫さんががんばっているのであれば、もう少し皆さんと一緒にいたいと願っているからかもしれませんね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。