獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-145

ナディアさんへ
投稿日 2006年7月16日(日)22時13分 投稿者 けりーずはうす

胸水の中でも、乳び胸と腫瘍性のものでは原因に違いがあります。
ナディアさんが理解されているように、乳び胸はリンパ管が破れることで貯まりますので
原因の破れた部分を見つけ
結紮すれば漏れは止まるのですが(実際には、文字で書くように簡単にはいかないのですが)
この腫瘍性の胸水は、分かりやすくいうと、布から水が漏れるように腫瘍全体から漏れ出ているので
外科的にどこかのリンパ管を結紮すれば止まると言うものではないのです。
だから、腫瘍組織が小さくなり、腫瘍から液が産生されなくなれば胸水は止まるのです。

そして一口に胸水といっても、心臓性の胸水、肝不全による胸水などでも対処法は違うのです。
また、その場合は胸水の成分にも違いが見られます。

ご理解いただけましたでしょうか。
また、ナディアさんの犬さんの腫瘍によりリンパ管が破れるという例は珍しいのではないのでしょうか。
一般的に胸部に腫瘍が出来て胸水が貯留する場合は、後述の例が多いのですが。
他の先生はご経験あるのかもしれませんが。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。