獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-161

Re 情報下さい。
投稿日 2006年7月18日(火)11時05分 投稿者 けりーずはうす

どういった手術でしょうか。
目にできたメラノーマであれば、眼球摘出術であると思うのですが、進行具合によっては
周囲の組織を切除することも考えられます。
となれば確かに高度な技術が必要かもしれません。

眼球摘出術のみであれば、特別な器械を要するわけでもないので、手術できる施設を持つ病院であれば可能な技術であると思われます。
しかし、MRIなどで周囲(視神経や眼窩骨など)に腫瘍が波及しているのが診断されているのであれば
残念ながら、この技術だけではカバーしきれるものではありません。

大変なこととは思われますが、年齢が若いだけに進行も早いと予測されます。
セカンドオピニオンを求めるのも早いほうがいいでしょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。