獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-163

猫の歯槽膿漏について
投稿日 2006年7月18日(火)11時44分 投稿者 トムママ

15才になるオス猫が歯槽膿漏になりました。獣医師によると、肝機能に問題があり(脱水症状あり)体力的負担があることから手術による抜歯は無理と診断されました。食事もままならず痩せてかなり苦しみましたが、抗生物質の処方を受けて通院するうち歯が抜け、体調が一時回復したかに見えたのですが、再び別の歯が痛み出したようで再び食事がとれなくなりました。今度は抗生物質の効果が見えず、通院するものの体力の低下を見ると心配でたまりません。他に症状を改善できる方法はないでしょうか。ご経験された方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。