獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-167

RE 猫の歯槽膿漏について
投稿日 2006年7月18日(火)15時51分 投稿者 けりーずはうす

猫の口内炎は根治治療が大変難しい疾患のひとつです。

さて、疑うようで申し訳ありませんが、大事なことなので確認しますね。
現在の状況が口のせいなのか、肝臓が原因なのか・・・。

口に問題がある場合、猫はわりと独特な表現をしますが・・・
餌の前には行くが、口をつけない
口をつけても、口を痛そうに前足で顔をこするようなしぐさをして大きな声を出すこともある
よだれが多い
これに当てはまるのであれば、やはり口内炎からの食欲低下であろうと思われます。
家での投薬以外に、一時的に痛みを引かす注射をおこなうことも多いですが、やはり根本は悪い歯を抜いてしまうことになるのです。

また、これらの症状がなく、食欲が低下しているのであれば、以前からの肝臓が原因かもしれません。
主治医の先生にご相談なさってみてはいかがでしょうか。

口内炎は良かったり悪かったりを繰り返します。悪い時は注射で抑え、その良い時をなるべく長くもつように
家では投薬をしていただく・・・。
残念ながら、このような治療しかないのが現状です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。