獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-172

いちごさんへ
投稿日 2006年7月18日(火)18時37分 投稿者 けりーずはうす

そうですね・・・。私の経験上、ある種の犬種でとても臍ヘルニアが多いような間隔はありますが、教科書上この種の遺伝性疾患として
名があがっていることはないです。
しかし、家族性に多いということはありえることで、その子供達もその系統で受け継いでいくことは考えられます。
私たちの立場では、いくら命の危険のない疾患であっても、体質的に受け継ぐ可能性のある場合は
繁殖するというのは控えていただきたいとは思いますが・・・。

ご一考願えればと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。