獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-19

Re 猫の腎不全
投稿日 2006年7月2日(日)11時51分 投稿者 けりーずはうす

現在痩せてきているとか、多飲多尿などの症状はでているのでしょうか。

猫の年齢から考えますと、主治医の先生の言われている通り、気にする値ではないと思われます。
しかし、腎不全初期の症状(多飲多尿、間欠的な嘔吐など)が現れているとすれば、多少対処は違ってきます。
もちろん、処方食に切り替えるのが理想ではありますが、どうしても食べてくれないことはよくあります。
処方食もドライフードだけでなく缶詰タイプもありますよ。メーカーも3社以上は製品として販売されています。
主治医の先生と相談しながら、その猫さんの気に入るものを探してみてはいかがでしょうか。

また、「急には無理です」とありますが、大抵はそうですよ。1ヶ月くらいかけて切り替えていけばいいのです。
また、処方食を食べない場合の治療法も尋ねてみてはいかがでしょうか。

「気をつけること」はこれから先病気が進行し、入院点滴が必要になったときケージに入ることがストレスにならないよう
今からケージに入ることを練習してみるといいでしょうね。
家や飼い主さんから離れる寂しさは逃れられませんが、これについては、家でのトレーニング次第で
ストレス軽減はできますよね。
ご一考ください。

高齢猫の腎不全はよくある病気の一つです。ダメージを受けた腎臓は元には戻りませんが
正常に機能している腎臓を
いかに長く機能させるかがその後の進行を遅らせることになります。
それが腎臓に負担をかけない食事だったりします。
でも、治療法はひとつではありません。いくつかの選択肢はあるものです。その猫さんに合った
治療法を選んでいけばいいでしょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。